Transceiver

『Transceiver』では、トランシーバーやインカム、盗聴器について解説しています。

インカムのこと

インカムを知っていますか?インカムは、よくファーストフード店や、コールセンターなどで見かけることがあります。このページでは、インカムについて見ていきましょう。

インカムとは

よくファーストフード店で、ドライブスルーを担当しているスタッフがヘッドフォンと、マイクがひとつになったものを身につけて注文を受けたりしているのを見かけたことはありませんか?そのヘッドフォンとマイクがひとつになったもののことをインカムと言います。インカムとはヘッドセット Headset と呼ばれる音響機器の通称です。

インカムの特徴

インカムの特徴は、両手をふさがずに通信を行うことができるので、何か別の作業をしながら電話の受け答えをすることができます。例えば、ファーストフード店で使用されている場合は、注文を受けたら、それを入力して商品を袋に詰めてからお会計などの作業を簡単に行うことができます。また、コールセンターなどでは、電話で受け答えをしながら、お客様情報などのいろいろな項目をパソコンへ入力していかなければなりません。その際、一般的な電話を使っていたら、入力しながら受け答えするのは無理ですよね。インカムを使うことによって、より効率よくかつ敏速に作業をしているのです。

また、インカムを使用することによって、相手の声をよりクリアに聞くことができます。そのため、周りの音がうるさいような場所でも、安心して通信を行うことができます。インカムは、両手が使えるという特徴だけではなく、相手の声もよりクリアに、そして自分の声も雑音などを防いでクリアな音で伝えることができるので、特に忙しく騒がしい職場では、大活躍なアイテムです。

インカム活用の場

インカムが活用されている場所は、上記にもあげたように、ファーストフード店、コールセンターなどがあります。その他に、テレビ番組のスタッフや、コンサート会場などで利用されているのもよく見かけます。歌手のイベントなどに行くと、歌いながらダンスを取り入れている歌手は、このインカムを利用していますよね♪

また、クルマでの通話にも便利です。運転中に大事な仕事の電話がかかってきた場合、このインカムを携帯に接続すると、運転士ながら携帯電話を操作することなく話しをすることができます。そして、バイクでもインカムは活用されています。バイクでのツーリングには、ツーリング仲間との連絡のやりとりをしながら走りますよね。その連絡の手段としてインカムが利用されているのです。バイクのヘルメットにインカムを組み込むことができるので、それを活用し、楽しいツーリングを行っている人が増えてきています。インカムはこれからももっともっと便利になり、その活用の場を広げていく通信機器です!!これからが楽しみですね♪

Favorite


アンケートモニター




2019/5/31 更新